子育て応援ブログ 〜世界中の親子の未来が幸せなものでありますように〜

子育て応援ブログ 〜世界中の親子の未来が幸せなものでありますように〜

2006年06月20日18:43

溶連菌感染症に感染してしまったら 1

天皇家の愛子様も感染した「溶連菌感染症」。
先日、うちの娘も感染してしまいました。

最初は風邪かなと思っていたのですが、
病院に行き、専用のキットで調べてみると「溶連菌ですね」と。

「溶連菌感染症」の特徴としては、
 ・高熱から始まり、2〜3日たつと発疹がでる
 ・発疹が消えると、手足の皮がむける
 ・早期に治療をすれば、早く治る
とのことです。

ただし、症状には個人差があるらしく、
うちの娘の場合、熱はさほど上がらなかったのですが、
のどが激しく痛かったようです。
しばらくは、ご飯(特に固形物)は口にしませんでした。
でもって、感染がわかってからの2日間は、ものすごく不機嫌。

<不機嫌なので泣く→さらにのどが痛む→さらに泣く>

この悪循環、看病している親としては、とてもツライです。(;´Д`)ノ
親としてできることは、薬を飲ませて経過を見守るだけ。
切ないですね。

幸い一週間ほどで症状は治まり、現在は元気に登園しています。
娘を看病していて思ったことは、のどが痛くて不機嫌なときは
正直、看病している親もイライラしてきます。

でも、よく考えると、子どもはなにも悪くありません。
悪いのは「溶血性連鎖球菌」です。
この菌が子どもを操っているのです。
医師に処方された薬をきちんと飲めば、2日ほどで菌はいなくなると
言われています。
溶連菌感染症になってしまったからといって慌てず騒がず、
そしてイライラせず。

うちの場合、溶連菌に限らず、病気になったときには
「バイ菌にあ〜んパ〜ンチ!」
と言って、子どもと一緒に戦っています。
この言葉、早期回復に意外と効果あり?かもしれません。


<関連記事サイト>
すくすくネット【こどもの病気:溶連菌感染症】


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by sublate   2006年07月05日 07:30
うちも感染症はこわいです。
原因がわからないのはいやですね。
2. Posted by 北のおいちゃん   2006年07月07日 11:34
はじめまして、特進相互リンクのご挨拶に来ました
とてもきれいなサイトですね

また遊びに来ます〜
3. Posted by とらやん   2006年07月08日 12:35
5 初めまして とらやん と申します、
特進から相互リンクのお礼とご挨拶で参り
ました。
4月末に入会したのですが歩みが遅くて
ご訪問が遅くなってしまいました。

これを機会に今後共宜しくお願い致します、
ご訪問頂けたら嬉しく思います!

また遊びに寄せさせて頂きます^^
4. Posted by kane   2006年07月09日 15:17
5 sublateさん、こんにちは。
訪問&コメントありがとうございました。
確かに感染症は怖いです。
とはいえ、完全に防止できるものでもないので、とりあえず自分でできること(手洗いとか)をきちんとやらせるようにしています。

今後ともよろしくお願いします。
5. Posted by kane   2006年07月09日 15:18
5 北のおいちゃんさん、こんにちは。

相互リンクありがとうございました。
こちらからもリンクさせていただきました。

今後ともよろしくお願いします。

6. Posted by kane   2006年07月09日 15:20
5 とらやんさん、はじめまして。

リンク&コメントありがとうございました。
こちらからも相互リンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔