子育て応援ブログ 〜世界中の親子の未来が幸せなものでありますように〜

子育て応援ブログ 〜世界中の親子の未来が幸せなものでありますように〜

2006年09月29日15:31

えっ、それってどういうこと? 〜子どもの立場になって考える〜 3

人は誰でも子ども時代を経験しているにもかかわらず、大人(親)になると
自分には子ども時代がなかったかのように子どもの気持ちがわからなくなって
しまいませんか?


 「この子はなんでこんなに怒っているんだろう?」
 「この子は何を言おうとしているのだろう?」


子どもがグズっていると、怒鳴ったりして力づくで子どもの意思を押さえ
つけたりすることはありませんか?
僕には多少そういう傾向があります。
でも、親が力づくで押さえつけるのってよくないんですよね。
よく育児書にもかいてあります。反省…。(^^ゞ

子育てに限らず、普段の生活でも相手の立場にたって考えるということは
とても大切です。でも、それがなかなかできなかったりします。
相手の立場にたって考えているつもりでも、気が付くと自分の立場から
発言している…。

子どもと接しているときには、
 「自分が子どもの頃はどうだったんだろう?」
と常に振り返ってみることが大切なんじゃないかと。

常に相手の考え(気持ち)を100%理解できる人はいないと思います。
だからこそ相手の考えを知ろうとすること、相手の立場にたって考えようと
することが大切なんだと思います。


今回は自分に言い聞かせるつもりで書いてみました。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔