子育て応援ブログ 〜世界中の親子の未来が幸せなものでありますように〜

子育て応援ブログ 〜世界中の親子の未来が幸せなものでありますように〜

2006年12月11日17:30

子育てと「そうじ力」 5

このブログで何度か取り上げている子育て中のイライラ。
 ・親のイライラは子の成長の証?!
 ・子育て中のイライラとの付き合方(だだこね編)
前述の2記事は子育てにおける気持ちの持ち方(考え方)でしたが、
今回紹介するのは「そうじ力」です。
子育てとはあまり関係がないように思いますが、実践してみて
「これはいいかも」と思ったので紹介します。

「そうじ力」という言葉を知ったのは某新聞のブックレビューでした。
僕の場合、子育てに…というよりは、仕事に役立つかなと思って始めた
のがきっかけです。

みなさんは「ブロークンウィンドウ理論」をご存知でしょうか?
心理学者のフィリップ・ジンバルトが明らかにしたものです。
例えば、治安の良い場所にボンネットを開けたままの車を放置します。
単にボンネットを開けたままだと、これといった変化はないのですが
ハンマーでガラスを割った状態で放置すると、治安の良い場所にも
関わらず、数分後にはバッテリーが持ち去られ、さらに様々なパーツも
持ち去られ、一週間後には廃車となってしまうのです。
つまりは、汚く乱雑である空間からはマイナスエネルギーが発せられ、
さらにマイナス要因を引き寄せるらしいのです。

そこで「そうじ力」で、このマイナスを引き寄せる原因を取り除き、
状況を改善していくというのが「そうじ力」です。

「そうじ力」といっても単に掃除をすればよいわけではなく、掃除に
プラスしてマイナスエネルギーを取り除きたいという心(例えば、温か
い家庭を築きたい etc)が重要なのだそうです。

汚れた空間にいるとなんとなく気持ちもよどんできたり、イライラし
てきたりします。
一所懸命に掃除をしてキレイになったトイレとかキッチンは見ている
だけで気持ちがいいですよね。たかが掃除、されど掃除です。
まずは一度、トイレでもキッチンでもリビングでもいいので、掃除を
してみてください。そこから何かが変わってくるかもしれませんよ。

P.S
僕は、リビングをキレイに掃除したあとに照明を暖色系に換えてみま
した。以前と比べると、だいぶリラックス部屋になったと思うし、
家族の会話も増えてきたと思います。


<関連書籍>
「そうじ力」で自分磨き


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔