子育て応援ブログ 〜世界中の親子の未来が幸せなものでありますように〜

子育て応援ブログ 〜世界中の親子の未来が幸せなものでありますように〜

2009年03月05日20:57

子育て応援特別手当って?4

子育て応援特別手当なんてのがあったんですね。
知らなかった。

「第二子以降の児童について、一人あたり3.6万円を支給するものです」
だそうですよ。

詳しくは、こちら↓をどうぞ。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/juyou/kosodate/info_090108-01.html


2009年02月24日12:52

知っていますか? 夫婦関係の円滑術 「妻を褒めよう」4

妻を褒めよう
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/da/44/

この記事、僕にとっては耳が痛いです。(^^ゞ

結婚前は、料理を作ってくれたときには、
ちゃんと「おいしい!」
とか言っていた(つもり)のだけれど、
最近は言った記憶がない。

いつ頃から言わなくなったのだろう…。
子どもが産まれてからか、いや、もっと前から言わなく
なったような気がする。

では、自分は嫁さんに褒められているのか?

そう言えば…、
先週の日曜日の晩御飯に「マーボー白菜」なるものを
作ったところ「おいしい」と言ってくれたのを思い出した。
しかも、このときは娘も「おいしい」と言ってくれた。


ちゃんと、褒められているよ。


褒められるだけで、自分からは褒めていない。
だめじゃん、自分。_| ̄|○

せっかくブログにも書いたのだから、
さっそく今日から「実践(行動)」です。
子どもだけでなく「妻を褒める」ということを。


2009年02月09日13:03

多摩テック営業終了2

ゆうえんち「多摩テック」営業終了のご案内
http://www.tamatech.jp/info_t/close.html

2/8の朝刊を読んでびっくり!
多摩テックが2009年9月30日でゆうえんちの営業を終了するのだ
そうです。
我が家では半年に1度のペースで利用していたゆうえんちなので
とても残念です。
絶叫系のマシンをアピールするゆうえんちが多いなか、
小さいこどもでも楽しめる数少ないゆうえんちだっただけに…。
(;_:)

娘に多摩テックがなくなることを話したら、
「じゃあ、新しいゆうえんちを作ればいいじゃん!」
と。

ま、確かにそうなんだけどさ。
お父さんにゆうえんちを作るだけの財力があれば、作ってあげ
たいのだよ。
でもね現実は、一朝一夕で作れるものではないのだよ。(^^ゞ

残された営業期間、多摩テックを満喫しようと思います。


2009年01月26日18:58

プリキュア、ふたたび…3

テレビ朝日系列で毎週日曜の朝8時30分から放送していた
Yes ! プリキュア5 Go Go!
が、1月25日、最終回を迎えた。

娘の会話についていくべく、一緒に見始めてはや3ヶ月。
登場人物の名前、必殺技などをようやく覚えて、娘と対等に
話せるようになったと思った矢先の最終回。

来週からは
フレッシュプリキュア!
がスタートするらしい。

番組予告では
「フレッシュでキュートなプリキュア達が、美少女+イケメン
 軍団とバトル! ダンスに熱中しながら、友達と一緒に「本当
 の幸せ」を求めて、シリーズ第6弾がスタート!!」
ときたもんだ。

また一から登場人物、必殺技を覚えなおし…。_| ̄|○
覚えやすい名前だといいのだけれど。


2008年09月01日13:05

お母さんと呼ばれて2

先週金曜日(8/29)に年次を取り、市が主催の健診に子どもを連れて行った。
 
受付を済ませて待合室に入ると、4組の親子(いずれも母親と子)が健診を
待っていた。
健診開始まで15分あったので、受付で配られたアンケートを記入していると、
市の職員の方が入ってきて、
 「お母さん、母子手帳を見せてもらってもいいですか?」
と話しかけている。

先に待合室にいた、4人のお母さんのうちの誰かに話しかけているのだろうと、
僕はそのまま顔を上げずにアンケートを記入する。
 
すると
 「あの…、すいません、お母さん、母子手帳を」
と催促の声が。
 
何気なく顔を上げてみると、
 「あ、お父さんでしたか! 失礼しました」
ときたもんだ。
 
お母さんって呼ばれて話しかけられていたのが僕だったとは…。
_| ̄|○
 
「健診にお父さんとお子さんだけで来ることは少ないので…」
そんなフォローいらないっす。(T_T)
 
 
少しヒゲでも伸ばそうかな…。

2008年08月02日22:59

結婚してもうすぐ10年0

今年の9月で結婚して丸10年になります。
10年っていうと長いようですが、結構あっという間だった感じがします。

子どもが生まれる前は、結婚したといっても自分の時間って結構あった
のですが、生まれてからは自分の時間なんてものは無いです。
平日は深夜まで仕事、休日は朝から晩まで子どもにたかられる日々。
こんな毎日ですが、不満といえば、仕事で早く帰れないことくらい。
仕事が早く終わるようになって、子どもと接する時間が増えれば
もう言うことなしです。

なので、いまの自分に
 「結婚てどう思う?」
って聞かれたら、
 「結婚っていいもんだよ」
って答えると思います。

ただし嫁さんはどう思っているか知らないし、先のことはわからないけれど…。

あ、ひとつだけ不満があった。
僕のひと月のおこづかい、あと1万円ほどアップしてもらえませんか?>嫁さん


2008年05月21日12:49

おとうさんて いいにおい5

「おかあさん」っていう歌をご存知でしょうか?


「おかあさん
 なあに
 おかあさんて いいにおい
 せんたくしていた においでしょ
 しゃぼんのあわの においでしょ」


という歌詞。
誰でも子どものころに一度は耳にしたことがあると思います。
うちの娘も保育園で習ってきたのか、母の日が近づくとともに
家でよく歌っていました。

母の日が過ぎた現在では、勝手にお父さんversionを作って歌っています。
歌詞はこんな感じです。


「おとうさん
 なあに
 おとうさんて いいにおい
 たけのこほりした においでしょ
 たけのこほりの においでしょ」


ゴールデンウィークに、娘とたけのこ掘りをしたので、
その記憶を歌にしたのだと思います。

おとうさんて いいにおい
って言われるのは正直うれしいですが、

「たけのこほりの におい」
って言われるとなんだか複雑な気持ちです。

でも、こういう子どもと接する何気ないことに幸せを感じる今日この頃です。


2008年05月11日21:33

将来の夢4

5月10日(土曜日)、天気は雨。
外で遊ぶことができず、娘とテレビで川崎フロンターレ vs 浦和レッズの
試合を観戦した。
サッカーのルールなどわからないはずなのに、飽きもせず見ている娘。
前半終了後、ふと娘に問いかけてみる。

父:「大きくなったら何の選手になりたい?」

娘:「トラックの運転手。 (^◇^)」

父:「・・・」

将来が楽しみだ。

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。


2008年03月21日09:01

ホワイトデー5

少し前の出来事です。
今年のバレンタインデーに娘から初めてチョコレートをもらいました。
包みを開けると、車の形をしたチョコレートが6個。
「ありがとう」と娘にお礼を言って食べようとしたところ、

「半分ちょうだいっ!」

えっ、これお父さんにくれたんだよね?
お前も食うの?
その後、嫁さんにもチョコレートをねだられ、
最終的に僕の胃袋におさまったチョコレートは一つだけ。
なんか寂しい。

ホワイトデーが4日後に迫った日の朝。
朝食を食べていると突然娘が
「お父さん、ホワイトデーって知ってる?
 男の人が女の人にチョコレートをあげる日なんだよ」
と。

<ホワイトデー>
バレンタイン-デーにチョコレートをもらった男性が、
そのお返しに女性へ菓子などの贈り物をする日。
   〜三省堂「大辞林 第二版」より〜


なんだか自分の都合のいいように解釈していないか、娘よ。
いったいどこで覚えてくるのか…。
この一年で驚くほど知恵をつけてきた娘。あなどれん。

とりあえずどんなチョコレートがほしいのか聞いてみると
「え〜っとねぇ、おいしいチョコ」

ア、アバウトすぎる。
ホワイトデー当日、財布と相談しながらデパートを30分ほどうろつき、
最終的に買ったのは「イチゴポッキー」
どきどきしながら、娘にイチゴポッキーを渡してみると
「わーい、やったー、ポッキーだぁ」
と大はしゃぎ。

口はだいぶ達者になってきたけれど、まだまだ子どもだなと
実感したホワイトデーでした。


2008年02月05日13:05

木が雪に食べられてるよ5

子どもの会話をしていると、ときどき「この子は天才じゃないか!」
と思うことってありません?

うちの娘は4歳になったとはいえ、まだまだボキャブラリーは乏しいです。
でも、乏しいながらも小さい頭で懸命に考えて、感覚として一番近い単語を
引っ張りだしてくる。それはもう見事というほかはないです。

先日も朝起きてきて、窓から一面の銀世界を見るなり

父ちゃん、木が雪に食べられてるよ

と。

大人なら「木に雪が積もってるよ」で片付けてしまうのですが、
まさに詩人。
こういう会話をしていると、なんだか楽しい気持ちになってくるから
不思議です。
子どもってすごいよなぁ、と改めて関心した雪の日でした。